筆で名前がうまく書けない!どうすればいいの?- 小筆で名前を上手に書き入れる方法

あらいぐま

こんにちは!あらいぐまです。

こちらの記事では、小筆で名前を上手に書く方法をご紹介しています!
半紙に字を書いた後に、左側に名前入れをする前提で説明しています。
こちらの記事が参考になれば幸いです☆

小筆で名前を書く=難易度が高い

時々「字の左側に名前を上手に書きたいのですが、うまく行きません。」とお悩みの方から
ご相談を受けます。
半紙の真ん中に大きく字が書いてあるところからすぐ左側のせまーい部分にフルネームを
入れなければならない場合、書いた字と重ならい合わさらない様に、
かなり慎重に書き入れる必要があります。
学生の場合は、名前の上に学年を入れるケースが多く、更にバランスを見なければならない為、
難易度が上がります。
私も学生だった頃は、細字(細い筆で字を書く)は非常に苦労した経験があります。

自分の名前を書く時のコツ

何故苦労したかと言うと、私の場合どんな字も大きく書く癖があり、名前も大きく書いてしまう為、
バランスが悪く見えてしまっていたからです。
先生に「字が大きくてどっしりしていて良いねぇ」と褒めてくださるので、
当時の私は、「大きい字で書く事」=「正解だと思っていました。
小学生レベルであれば、文字数が少ない上に、字の難易度もそこまで高くないので、
余白も多く何とかなる場合が多いのですが、中学生レベルになると文字数も増え、
書く字体も楷書だけではないので、コツを掴むのに大変苦労しました。
ですので、私の様に書き方にクセが付く前に、是非身につけていただきたいと思い、
今回は、「小筆で名前を上手に入れる方法」と記事にしました。

 

超簡単☆バランス良く書き入れる方法!

あらいぐま

子どもの頃から未だにずっと実践している方法です!

あらかじめ4等分に切った新聞紙を用意します。
写真のように名前を書くスペースは開けて、
大筆で書いた字を覆うように新聞紙を置きます。
もしお名前のお手本をお持ちの場合は、
書くスペースのすぐ左側に配置します。

そうしますと、墨で手を汚すこともなく
綺麗にバランス良く入れることが出来ます。
名前のお手本がある場合は、
お手本をしっかり見ながら書くこと!

この様にすることで、白い余白のみ注視することが
出来るので、バランス良く真っすぐ書けます
是非お試しください!

 

自分の名前のお手本が欲しいです!

あらいぐま

お手本書き、承っております!以下の記事に詳細を記載しています。
毛筆・硬筆美文字レッスンに関するご案内【超破格・激安だけど、しっかり学べます!】

あらいぐま

ここまでご覧頂き、ありがとうございました! ご不明点等ありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!

ブログランキング参加中!

クリックお願い致します!(任意) にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へにほんブログ村 美術ブログへにほんブログ村 美術ブログ ペン習字へ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です